スクリプティング

FumeFXのインターフェースは、シンプルで、直観的に使用でき、高性能ですが、MAXScriptingとの連携は、性能と使いやすさがさらに増します。ユーザーは、このプラグインの多様性を十分に活用することができます。

例を挙げますと

– 上級ユーザーは、個々のボクセルでの数値を読んで変更できるため、全体のシミュレーションの潜在的コントロールが可能になります。ユーザーのプログラミングスキルにより差はありますが、グリッドのプロシージャルな初期設定やフォースの定義などは、どのような内容でも基本的に実現可能です。たとえば、光源の強度と減衰に基づいて、有効な光源から煙を遠ざけることができます。

– ワークフローの補助としてMAXScriptを使用すれば、異なるパラメーターでバッチシミュレーションやレンダリングができます。

 

 

 

 

 

>> ページトップへ