ワークフロー

Sitni Sati社の開発者は、自分たちの革新的なソフトウェアの発想を、有用性、パフォーマンス、速度の面で業界に求められている基準に適合したものにするためには努力を惜しみません。FumeFXの各要素が、ワークフローを効率的に促進するように設計されているのも、そのような経緯からです。

– FumeFXのリレーションシップエディタでは、ソースやコリジョンオブジェクトおよびライトを簡単にFumeFXに割り当てることができます。 03_WF_01_UI-old

– シミュレーションの実行中も、ユーザーインターフェースは有効なため、アーティストはオブジェクトを移動させたり、パラメーターを微調整したりして、シミュレーションでその効果を確認できます。シミュレーションの状態や経過時間/残り時間、メモリ使用量などの便利な情報を表示するステータスウィンドウもあります。

03_WF_02_Interactive

– GPUアクセラレーションのプレビューウィンドウは、ワークフローの時間節約に最も効果的です。これは、レンダリングに匹敵する画像を生成して、シミュレーションのアピアランスやビヘイビアに関するフィードバックを瞬時に表示します。

– FumeFXは、ビューポート内の同期されたデータをすべて表示できます。データタイプにより、網掛けのドットやベクターフィールドの他、数値表現でも表示できます。簡単なナビゲーションとしては、シミュレーションの一部のビューだけを選択することもできます。

 

 

>> ページトップへ