ウェーブレット乱流

流体力学に関していえば、ディテールを追加すると、低解像度の同じシミュレーションの実行と比べて、シミュレーション回数や異なる流体フローの数がどうしても増加してしまいます。この問題を解決するために、FumeFXでは、Wavelet Turbulenceという新しい技術を使用します。この技術を使用すれば、ユーザーは、粗いグリッドでシミュレーションを走らせて、気に入ったモーションを作成した後は、マウスを1回クリックするだけで追加のディテールを生成できるようになります。

この特徴は、制作現場で大きな時間の節約になります。まず最初に、すぐに計算で求められるローディテールの多数のシミュレーションをすばやく作成できます。そして、そのショットを承認した後は、Wavelet Turbulenceを使ってディテールを追加してください。この方法により、流体のディテールレベルは上がりますが、同時にオリジナルのローディテール のシミュレーションはそのままの状態で、モーションが維持されます。このアプローチのもう一つの利点は、Wavelet Turbulenceで作成したハイディテールのグリッドもすぐに計算できる点です。同じディテールレベルで同様のFumeFX グリッドを使用する場合と比べると、必要なメモリ量が少なくなります。

08_WT_waveletWavelet Turbulenceは、わずかな時間で多数の小さなディテールを作成できます。

 

 

 

 

 

>> ページトップへ