ポストプロセッシング

このような経験はありませんか?最終のショットが完成した後に、ディレクターがやってきて、速度を20%落としてほしいといわれる。

タイムスケールを変更すれば、流体システムの動作がまったく違ってくるわけですから、アーティストにとって、これは悪夢です。承認を受けたものとまったく異なるモーションを提出して終わることになれば最悪です。また、超高解像度でシミュレーションをもう一度走らすために必要な時間も考慮されていません。

そのような場合にRetimerを使用してください。Retimerの機能を説明します。

Retimerが既存のキャッシュだけを使用して、不足しているフレームを再構築できるように、通常のシミュレーションの間、チャンネルをすべてキャッシュファイルにエクスポートしてください。リタイミングタイムスケールのパラメーターを有効にできるため、数回のクリックでストップモーションのエフェクトを簡単に構築できます。

11_PP_01rtRetimerを使ってキャッシュの再生速度を変更できます

リタイミングの他に、不要なチャンネルを除外し、グリッドサイズを最小化することで、キャッシュを最適化することができます。このように、必要なハードディスク容量を少なくして、レンダリング速度を上げることができます。

 

 

 

>> ページトップへ