Render Warps

FumeFX 3.0には、Render Warpsのラッパーがありますので、Bend、Taper、FFDなどのモディファイヤーを最終のキャッシュに適用できます。特別なエフェクトを作成する必要がある、または最終のアニメーションを微調整したい場合など、Render Warpsを使用すれば、可能性がさらに広がります。マウスを数回クリックするだけで、キャッシュファイルをワープし、ビューポートやプレビューウィンドウで、またはレンダリングされた画像として直接その結果を確認できます。

01_RenderWarps1

Render Warpsとして使用されるBendモディファイヤー

このツールは、微調整が必要ですが、プロジェクトの納期が迫っているため、追加のテストやシミュレーションの実行を行う時間がない場合に多いに役立ちます。シンプルなFFDモディファイヤーを使用すると、希望どおりに流体フローをすぐに調整できます。下記の例は、ビジュアルアーティファクトを作成しないFFDモディファイヤーを誇張して変形させています。

02_RenderWarps2

Render Warpsとして使用されるFFDモディファイヤー

 

 

 

>> ページトップへ