シェーディング

FumeFXには、2つの内蔵シェーダーがあります。

– Standard Shaderは、炎、煙、燃料のチャンネルのレンダリングをコントロールします。煙と炎が同じボクセル内にあっても、自動的にすべてのチャンネルをブレンドします。

– Channel Shaderには、データチャンネルをレンダリングする機能があります。つまり、カスタマイズできるカラーグラディエントを使用して、煙や炎、温度、速度のチャンネルや、今後利用する可能性がある他のチャンネルをレンダリングできるということです。

– 追加のディテールに関して、FumeFXのシェーダーは、Noiseのようなプロシージャテクスチャを使用できます。テクスチャは、2つの座標システムで適用できます。Fluid  Mappingを使用する場合は、流体と同期するテクスチャディテールのフローのインプレッションを作成します。World Spaceの場合は、3ds Maxの雰囲気と共通するマスクテクスチャのように、テクスチャは静止した状態です。

– シェーダーには、AFCとGradientコントロールがあります。これらのコントロールを使用すると、カラーと透明度を、煙や炎、他のチャンネルの数値により、正確に定義できます。

– FumeFXのシェーダーは、mental rayとfinalRenderをフルサポートしています。グローバル・イルミネーションの強度の乗数により、FumeFXからの照明寄与率をコントロールできます。

 

 

 

 

 

 

>> ページトップへ