イルミネーション

現実に近いレンダリングを実行するためには、イルミネーションと気体媒質間の相互作用を計算することが重要です。この相互作用で最も重要なポイントはライトの吸収/放出と分散です。

– セルフシャドウのレンダリング速度を上げるために、FumeFXでは、ディテールを著しく損なわずにライティング情報を事前に計算するイルミネーションマップを使用します。イルミネーションマップは、ハードディスクに保存して、レンダリング中に再利用できます。

– イルミネーションマップの強度は、再計算を行わなくても追加で調整できます。

煙は、ライトが小さなパーティクルからカメラに到達するまで繰り返し分散する媒質です。このエフェクトは、multiple scattering(複数分散)として知られています。コンピューターグラフィックスでは、関与媒質を通した複数分散のシミュレーションは、複雑で時間のかかる工程です。

– FumuFXは、簡単で時間効率の高い複数分散モデルを搭載していますので、現実に近いレンダリングが可能です。

 

 

 

>> ページトップへ