finalRender

Sitni Sati社とcebas社の継続的な共同事業により、 finalRender 3.5 GIを使ったFumeFX 2.1のレンダリングにおいて、すばらしいグローバル・イルミネーションの最適化が実現しました。特にスピードの向上がすばらしく、SkylightによるFumeFXシーンのレンダリングが、10倍以上も速くなります(20分から2分に大幅に短縮)。

アーティストから見ると、これは、非常に高レベルのリアリズムを、納得のいくレンダリング時間でグローバル・イルミネーションを使用して実現できるということです。

現在、QMCとAdaptive QMCアルゴリズムは完全にサポートしていますが、Harmonics GIのサポートは一部のみとなっています。

01_fRGI

この動画は、QMC GIを使用したfinalRender SkylightでレンダリングしたFumeFXです。

finalRenderについての詳細は、こちらよりご覧ください。

 

 

 

 

 

>> ページトップへ